学術雑誌論文 戦前日本農業の規模と土地生産性の相関関係 : 山形県庄内地方(1935年)の横断観察研究
Farm Size-Productivity Relationships in Pre-War Japan: A Cross-Sectional Study of the Shonai Region of Yamagata Prefecture, 1935

有本, 寛  ,  藤栄, 剛  ,  仙田, 徹志

68 ( 4 )  , pp.348 - 370 , 2017-10-25 , 岩波書店
ISSN:00229733
NII書誌ID(NCID):AA11823043
内容記述
農業生産における規模と生産性の逆相関関係は,発展途上国を中心に広く報告されており,農地の配分効率性の観点から政策的な関心も高い.本稿は,『庄内地方米作農村調査』(1935 年)の農家レベルのミクロデータを整備し,山形県庄内地方の稲作でこの逆相関がみられるか,またその潜在的な要因となる農地貸借市場は効率的だったのかを検証する.検証の結果,生産性および投入強度について,明瞭な逆相関関係はみられなかった.農地貸借は,余剰農地の貸し出しはほぼ完全にできているものの,借り入れは不十分であった.これらの結果は,農地市場がおおむね効率的だったため,生産性や投入強度の逆相関が発生しなかったことを示唆している.ただし,農地不足の農家は借り入れが十分できず,家族労働力を過剰に抱え込んでしまった可能性はある.逆にいえば,大規模層は,土地生産性を落とさず労働力を節約できており,庄内地方で労働節約的な技術(耕地整理と乾田馬耕)が展開したことと整合的である.この技術採択を境界として大規模化する農家と落層する農家に両極分解したと考えられる.
This paper exploits farm-level data of rice cultivating farmers in 1935 to examine the farm sizeproductivity relationship in the Shonai Region of Yamagata Prefecture. We find no clear inverse relationship between farm size and land productivity or input intensity. The farmland rental market was almost perfect for leasing-out but not for leasing-in. These findings suggest that the inverse relationship did not prevail because the farmland rental market was relatively efficient. However, we did find some evidence that landscarce farmers were not able to lease-in enough land, and therefore kept excess labor relative to land.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報