紀要論文 上級日本語学習者による学術論文の読解における語義の解釈過程
Advanced Japanese Learners' Processes of Interpreting Word Semantics While Reading Academic Papers in Japanese

藤原, 未雪

8pp.119 - 132 , 2017-07-31 , 一橋大学国際教育センター
ISSN:2185-6745
NII書誌ID(NCID):AA12502475
内容記述
中国語を母語とする大学院生が学術論文を読むときの読解過程を、読みながら理解した内容を母語で話してもらう方法で調査した。その結果、語の認識や文の構造を正しく把握し、語の辞書的な意味を正しく理解しても、当該の文脈に合った、適切な語義の解釈ができずに誤読することがわかった。論文のキーワードである「距離」「遠い」「レコード」「ソフト」で誤読が見られた2名の学習者の理解過程を質的に分析し、これらの語義がどのように解釈されるかを時系列的に追跡した。その結果、「距離」「遠い」は基本語で比喩的な解釈も可能であり、「レコード」「ソフト」は多義語であることが文の意味の不確実性を高め、誤読の要因となったと考えられた。また、解釈に使うコンテクスト(想定)として専門知識が優先されたことも要因となった。本研究から、初発の解釈を疑い、解釈を修正する柔軟性が読解能力の高さに繋がることから、解釈に対する柔軟性を読解教育で意識的にトレーニングする必要性が示唆された。
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28737/1/kokusai0000801190.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報