紀要論文 享保期の家督出入に関する一考察 : 武州多摩郡五日市村土屋家の場合

夏目, 琢史

(5)  , pp.1 - 17 , 2017-03-31 , 一橋大学附属図書館研究開発室
ISSN:2187-6754
内容記述
本稿は、一橋大学附属図書館が所蔵する「五日市村文書」を紹介するとともに、18 世紀前半に五日市村名主土屋家で起きた「家督出入」の背景について検証したものである。とくに、この争論が、10 年以上も続いた背景に、村落構造の変質、名主の社会的地位の向上、百姓らの土地に関する観念の問題などが複雑に絡んでいた点を明らかにした。
Describing “Itsukaichi-Village Scrolls”, which Hitotsubashi University Library has been collected, this paper aims to explore the process of "Katoku-Souron" of Tsuchiya-ke at Itsukaitchi-Village in the early 18th century. By examining shift of the village system, status of village headmen and farmer’s notion about lands, it would be elucidated that those factors had complexly related to the process and maintained it more than 10 years.
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28665/1/rdo0000500010.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報