Technical Report グッドデザイン賞の研究用データベースの概要とその利用

原, 泰史  ,  吉岡(小林), 徹  ,  蘆澤, 雄亮

2017-04 , Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University
Description
製品のデザインはイノベーションの重要な要素であるが、消費者や製造者に対するアンケート調査に拠る以外には計測可能な指標が乏しく、十分な研究の蓄積が乏しかった。意匠のデータにより、これを計測する動きがあるが、幾つかの先行研究が指摘するとおり、適用可能な条件が限られている。最大の制約は企業ごとの出願性向の偏りである。これに対して、日本のグッドデザイン賞は1957 年から半世紀を超える歴史を持ち、44,000 件以上の受賞の蓄積を誇っている。客観性があり、かつ、デザイン活動の実態を捉える事ができる有力なデータ源であり、しかも、審査委員による推薦があるため、意匠に比べると受賞の偏りが小さい。このため、本データベースはデザインに関するイノベーション研究に有用であると考えられる。本論文では、公益財団法人日本デザイン振興会が公開したグッドデザイン賞データベースをもとに、そのデータベースの構造とデータの概要を整理し、将来の研究の可能性を示唆する。
Although product designs consist an important part of innovations, we have long left uninvestigated them due to the limitation of available measurements other than consumer surveys or peer evaluations, which are costly and sometimes inconsistent data sources. Recent studies mention the usability of industrial design registrations as a data source of industrial design innovations; however, they also lead important limitations, that is highly skewed registration intensities. In contrast, Good Design Award, nominated by Japan Industrial Design Association, which has more than half century history, overcomes the limitation. Some award winning products are nominated by juries. In addition, their objectivity and accumulated more than 44,000 winning products realize several novel research on industrial design innovation. This paper overviews Good Design Award Database, disclosed recently, and describe future research questions, which the database opens.
Full-Text

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28655/1/070iirWP17-05.pdf

Number of accesses :  

Other information