学術雑誌論文 管理職における男女間格差 : 日本の従業員と企業のマッチングデータに基づく実証分析
Gender Difference of Managerial Careers among Japanese Firms: An Empirical Study Using Employer-Employee Matched Data

馬, 欣欣  ,  乾, 友彦  ,  児玉, 直美

68 ( 2 )  , pp.114 - 131 , 2017-04-26 , 岩波書店
ISSN:00229733
NII書誌ID(NCID):AA11823043
内容記述
本稿では,労働政策研究・研修機構が2012 年に実施した「男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査」における企業調査票,管理職調査票,一般従業員調査票を活用し,企業と雇用者(管理職,一般従業員)のマッチングデータを構築し,日本の正社員における管理職確率の男女間格差に関する実証分析を行った.得られた主な結論は以下の通りである.第1に,女性の管理職である確率には,人的資本要因(経験年数,学歴,勤続年数),家族要因(子どもあり),仕事要因(労働時間,昇進意欲,仕事に関する意識)が影響を与えることが確認され,欧米を対象とした先行研究と同様な結果が得られた.また,企業属性要因(業種,組合,社員における女性の割合,正社員における管理職の割合など),及び制度・政策要因(ポジティブ・アクション施策,ワーク・ライフ・バランス施策,遅い昇進パターンなど)が女性の管理職確率に大きな影響を与えることが判明した.第2 に,管理職である確率の男女間格差が生じた要因に関しては,要因分解の結果によると,人的資本要因における量の差のみではなく,差別的取扱いが,原因であることが示された.
This paper conducts an empirical analysis on the determinants of gender difference in the managerial careers among Japanese firms by employing a unique Japanese employer-employee matched data. The main findings from our research are twofold. First, the main determinants of female managerial career success are individual attributes such as human capital, family factors, and work factors such as work hours and work willingness. The influence of Japanese firm attributes and policy factors such as work-life-balance policy and positive action policy performed by the government also exist. Second, the results based on decomposition method show that both the explained component(by individual or firm characteristics differential)and the unexplained component(this partly reflects gender discrimination effects)cause the gender difference in managerial careers.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報