学術雑誌論文 景気変動と世帯の所得格差 : リーマンショック下の夫の所得と妻の就業
Changes in Household Income Inequality Over the Business Cycle: Husbandsʼ Earnings and Wivesʼ Labor Supply in Japan during the Global Financial Crisis

樋口, 美雄  ,  石井, 加代子  ,  佐藤, 一磨

68 ( 2 )  , pp.132 - 149 , 2017-04-26 , 岩波書店
ISSN:00229733
NII書誌ID(NCID):AA11823043
内容記述
本稿の目的は,「慶應義塾家計パネル調査(KHPS)」を用い,景気変動による夫婦の所得,就業状態の変化が世帯の所得格差に及ぼす影響を検証することである.分析の結果,次の3点が明らかになった.1 点目は,夫の所得変化について分析した結果,景気が大きく後退した時期において,中高所得層で所得の伸びが滞り,賞与減などを通じて所得の減少を経験した世帯が多かった.一方,低所得層でも失業や転職を通じて所得の減少を経験したものはいたが,景気後退期であっても所得の伸びを経験しているものも多く見られた.これらの結果から,景気後退期に低所得層と高所得層の夫の所得格差が縮小すると考えられる.2 点目は,夫の所得変化が妻の就業に及ぼす影響を分析した結果,夫の所得が低下した場合,これまで働いていなかった妻の労働供給が増加するといった形で付加的労働者効果が観察された.この効果はもともとの世帯所得が低い家計において大きいことが観察された.3 点目は,夫の勤労所得のみで計測したジニ係数と,妻の勤労所得も足し合わせた所得で計測したジニ係数を時系列に比較した結果,妻の勤労所得は世帯間の所得格差を縮小させること,なかでも2008 年の景気後退期から数年間,妻の勤労所得による格差縮小効果が大きいことがわかった.以上の分析結果をまとめると,景気後退期に有配偶世帯における所得格差は縮小するが,その背景には中高所得層の夫の所得低下と低所得層の妻の新規就業が影響を及ぼしていると考えられる.なお,この結果は現役世代の有配偶世帯のみを対象にして得られたものであり,無配偶世帯を含めて計測したジニ係数は,むしろ景気とカウンターシクリカルな動きを示し,景気が回復すると所得格差は縮小し,悪化すると拡大する傾向があることも明らかとなった.景気変動による世帯別,属性別の労働需給の変化が世帯の所得格差に大きな影響を与えている.
This study examines how household income inequality in Japan is impacted by changes in a coupleʼs income and employment status after economic crises, using the Keio Household Panel Survey(KHPS). Our analysis of the periods before and after the Global Financial Crisis yields three notable findings. First, during the recession, incomes stagnated for households in the middle- and high-income brackets, with many experiencing income declines. Conversely, many low-income households saw incomes increase even during the recession, and the overall income gap may have shrunk. Second, concerning the impact of changes in the husbandʼs income on the wifeʼs employment, we show that when the husbandʼs income declines, the added worker effect is observed. This effect was larger in households whose income was originally low. Third, we calculate the Gini coefficient both by using only the husbandʼs labor income, and also with the wifeʼs labor income added. We find that the wifeʼs labor income reduced household income inequality, in particular for several years following the 2008 recession. In conclusion, when focusing only on married households, income inequality appears to shrink during economic recessions.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報