学術雑誌論文 フューチャー・デザイン
Future Design

西條, 辰義

68 ( 1 )  , pp.33 - 45 , 2017-01-25 , 岩波書店
ISSN:00229733
NII書誌ID(NCID):AA11823043
内容記述
我々の社会を支えている「市場」や「民主制」では,将来世代が今存在しないために,彼らが市場で声を上げられないし,投票もできない.そのため,本稿では,将来世代を取り込む幾つかの研究を展望する.まず,生存しているすべての人々に選挙権を与え,ある年齢以下の人々にはその親が代理投票するという制度(ドメイン投票)のパフォーマンスを検討する.ドメイン投票実験では,親は必ずしも子のために投票しないし,子を持たない大人でこれまで若い世代のために投票した人々が必ずしも若い世代にために投票しないという経路を通じてその効果が弱まる.一方で,現世代が仮想将来世代となる環境を実験室で作ると,仮想将来世代を含むグループは持続可能な選択をする傾向が強い.実践では,将来の政策を考える際,現世代は,目先の問題の解決に思考が縛られるという「課題解決型」であるのに対し,仮想将来世代は,目先の問題から開放され,自由な発想の元で政策を提案するという「長所伸長型」であった.
Members of future generations are yet unborn. Therefore they cannot participate in markets and cannot vote in democratic elections. This paper surveys a number of articles that incorporate future generations in current decision-making. Consider the Demeny voting system that allows parents to vote as proxies for their children. In an experiment, the parents did not always vote in their children's interest and people who voted for younger generations under a normal voting system did not necessarily vote for them. These outcomes undermine the intended effect of the Demeny system. On the other hand, groups with imaginary future generation subjects in an experiment tended to choose a sustainable alternative. When people considered choosing future policies in actual practice, the current generation tended to focus upon the current unsolved problems, whereas the imaginary future generation tended to create original policies for future generations.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報