テクニカルレポート 専門と汎用コンピテンスの関係 : 日本の複数大学調査に基づく実証分析

加藤, 真紀  ,  相場, 大樹

2016-05 , Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility
内容記述
本稿は、日本の大学で培うべき専門と汎用の2種類のコンピテンスの関係を定量的に把握することを目的とした。2015年に実施されたアンケート調査データを分析した結果、日本の研究型大学に属する学生と教員、同大学の卒業生による専門コンピテンスと汎用コンピテンスの重要度認識は、正の関係を持つことが示された。もっとも、学生は教員や卒業生よりも同関係が弱く、化学や機械工学分野でも弱いなど対象者や分野による差異も確認された。因子分析の結果からは、本稿が対象とした6分野全てで、専門と汎用の両方の項目に影響する因子が含まれていた。よって2種類のコンピテンスは構造上も関係を持つことが確認された。ただしビジネス分野は同割合が他分野よりも高いなど分野によって異なることが示された。これら結果からは、専門教育を通じた汎用コンピテンス育成の適切さと分野による差異が生じる可能性が示唆された。
This paper aims to clarify the relationship between subject-specific competencies (SSC) and generic competencies (GRC) using the results of a questionnaire survey conducted in 2015, which asked students, academic staff, and graduates of Japanese universities about graduates’ SSC in six university subjects and GRC. The empirical results show that recognition of SSC and GRC has a positive relationship with different levels of correlation among stakeholders and subjects; the relationship in students shows relatively weak ties compared with that of other stakeholders, as well as that of both Chemistry and Mechanical Engineering subjects. Factor analysis indicates the existence of factors that impact both SSC and GRC in all subjects with heterogeneous structures by subjects; five fields excluding Business have fewer relationships based on commonalities between SSC and GRC such as information and communication technology skills and internationalization, but Business has a closely intertwined relationship between SSC and GRC.
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28078/6/070_moriWP16-01.pdf

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28078/5/070_moriWP16-01-E.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報