テクニカルレポート K-IFRSを自発的に適用した韓国企業の特性

金, 鐘勲

2016-01 , Graduate School of Commerce and Management Center for Japanese Business Sutdies, Hitotsubashi University
内容記述
January 2016, Revised in August 2016
本稿では、K-IFRSを自発的に適用した韓国企業の特性を会計基準の違いを中心に分析している。分析の結果は次の通りである。第1に公正価値による資産再評価へのインセンティブの高い企業ほどK-IFRSを自発的に適用する可能性が高い。第2に為替レートの変動が損益に及ぼす影響の緩和へのインセンティブの高い企業ほどK-IFRSを自発的に適用する可能性が高い。第3に退職給付債務の増加を回避したい企業ほどK-IFRSを自発的に適用する可能性が低い。第4に公正価値ヘッジの禁止に伴う財政状態や損益の悪化を回避したい企業ほどK-IFRSを自発的に適用する可能性が低い。第5にのれんの非償却に伴う利益の押し上げ効果が大きい企業ほどK-IFRSを自発的に適用する可能性が高い。このような結果は、将来キャッシュ・フローに直接的には影響を与えない会計基準の違いもK-IFRSの自発的適用に関する意思決定に影響を与えていることを示唆しており、契約に関する利益調整インセンティブの存在を示唆する。
In this study, I investigate the characteristics of Korean firms that voluntarily adopted K-IFRS, focusing on the differences between K-IFRS and K-GAAP. My results are as follows. First, firms whose amount of net income and net assets is expected to increase (decrease) by voluntarily adopting K-IFRS are more (less) likely to adopt K-IFRS. Second, firms whose volatility of net income and net assets is expected to decrease (increase) by voluntarily adopting K-IFRS are more (less) likely to adopt K-IFRS. These findings suggest that differences in accounting standards which do not have a direct effect on firms’ future cash flow are also likely to affect firms’ decisions of whether they voluntarily adopt K-IFRS or not, also suggesting that the existence of contractual incentive of earnings management in voluntarily adopting K-IFRS.
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28048/1/070hjbsWP_202.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報