テクニカルレポート カンボジアとフィリピンのマイクロ金融機関の経営特性 : DEAによる経営効率性の計測とその主成分分析

奥田, 英信  ,  姚, 一鳴  ,  外山, 雄介

2016-07 , Graduate School of Economics, Hitotsubashi University
内容記述
市場経済制度と複数政党制を持つ東南アジア諸国の中で、カンボジアとフィリピンは、MFIsが発達した国である。しかし、カンボジアとフィリピンの経営環境はかなりの違いがみられる。雨森(2010)によれば、カンボジアのMFIsは全体の傾向として持続的経営をより重視する経営特性を強めており、商業銀行に成長するMFIもある。一方、フィリピンでは非営利のマイクロ金融機関の役割が大きくMFIsの経営目的は収益性よりも貧困削減を重視する傾向があると指摘されている。本稿では、MIX(Microfinance Information Exchange)データベースから抽出した2014年のサンプルを利用して、Gutierrez-Nieto (2007)の分析方法に従って、カンボジアとフィリピンのMFIsの経営特性と経営効率性を比較検討した。本稿の分析結果は、先行研究による湯川(2009)と異なった。湯川(2009)は、経営形態の違いに関してNGOのMFIsとその他のMFIsとの間で効率性の違いが見いだせず、また両国のMFIsの間でも効率性に明瞭な違いが見られないと結論付けた。これに対して、本稿の分析結果は、カンボジアとフィリピンの間で以下のような違いが観察された。 本稿の分析結果は、カンボジアとフィリピンの間に次のような違いが見つかった。即ち、 第1にカンボジアのMFIsはSustainability傾向が強いのに対して、フィリピンのMFIsはOutreach傾向が強かった。第2にカンボジアでは規模が大きいMFIsは規模の小さい機関よりも総合効率性が高い傾向があるが、フィリピンではむしろその逆の傾向が見られた。第3にカンボジアではMFIsは人件費をそれ以外の費用より集約的に投入する経営しているが、フィリピンでは逆に人件費以外の非費用を人件費よりも集約的に投入する経営を行っていた。これらの結果は、雨森の指摘と整合的であった。
Among the Southeast Asian countries with a market economy and the multi-party political system, Cambodia and the Philippines have numerous well-developed microfinance institutions (MFIs). However, the business environments surrounding the MFIs differ considerably between these two countries. According to Amenomori (2010), Cambodian MFIs tend to have management characteristics emphasizing sustainable business operations, and several MFIs have grown and converted to commercial banks. On the other hand, the management objective of Philippine MFIs tends to focus on poverty reduction, and non-profit MFIs play a significant role in the Philippines.By applying the analytical methodology adopted in Gutierrez-Nieto (2007) and Yuzawa (2009) to the samples extracted from the MIX (Microfinance Information Exchange) database on MFIs in 2014, this study investigated the management characteristics and management efficiency of Cambodian and Philippine MFIs. Different from Yuzawa (2009) refuting the clear difference in management characteristics and efficiency between Cambodian and Philippine MFIs, this study found several differences between the two. First, Cambodian MFIs tended to target sustainability (profitability) oriented management, and Philippine MFIs tended to target outreach (financial service to the poor) oriented management. Secondly, the large sized MIFs tended to have higher overall efficiency than the small and medium sized MFIs in Cambodia, but this tendency was reversed in the Philippines. Thirdly, Cambodian MFIs used personnel expenses more intensively than other non-personnel expenses, but the tendency was reversed in the Philippines. These findings are consistent with the assertion claimed by Amenomori (2010).
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28001/1/070econDP16-06.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報