紀要論文 18世紀後半における絶対王政の秩序と身分をめぐる認識 : 「悪しき言説」へのパリのポリスの対応から
The Police of Paris and "Mauvais Discours": Disagreement on the Idea of Social Order under the Absolute Monarchy in the Latter Half of the Eighteenth Century

松本, 礼子

8pp.17 - 36 , 2016-07-21 , 一橋大学大学院社会学研究科
ISSN:1881-4956
NII書誌ID(NCID):AA12187323
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27997/3/shakaikg0080200010.pdf

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27997/2/shakaikg00802a0010.pdf

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27997/1/shakaikg00802b0010.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報