学術雑誌論文 「ら抜きことば」の発展の様相とその実態
Developmental aspect and the actual condition of Ranuki kotoba (Words with RA pulled out)

朴, 宰怜

(3)  , pp.97 - 102 , 2015-03-28 , ココ出版
NII書誌ID(NCID):AA12600538
内容記述
「ら抜きことば」は実生活で幅広く使われている表現だが、「ら抜きことばは日本語の乱れ」といった否定的な認識がまだ残っているため、年配者相手や面接、教育などの改まったことばづかいが必要とされる場面では使わないのが礼儀とされている。本稿では、「ら抜きことば」が本当に標準語において認定されていない「乱れたことば」なのかを研究するため、「ら抜きことば」研究の権威である井上史雄氏の文献を参考に「ら抜きことば」の定義と変遷を調べた。さらに、今日の「ら抜きことば」の実態を把握するためアンケートを行って「ら抜きことば」の諸相を調査し、分析した。
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27990/1/jle0000300970.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報