学術雑誌論文 陪審定理と多数決の正当性
The Jury Theorem and Justifications of the Majority Vote

坂井, 豊貴

67 ( 2 )  , pp.125 - 133 , 2016-04-22 , 岩波書店
ISSN:00229733
NII書誌ID(NCID):AA11823043
内容記述
なぜ多数決の結果に少数派は従わねばならないのか.その正当な理由が発生するのは,いつ,いかなるときか.これは多数決の利用における規範的根拠を問うものである.本稿ではコンドルセによる陪審定理,およびその思想的支柱としてのルソー『社会契約論』を軸に,そうした根拠を考察する.陪審定理以外の正当化の可能性についても論じる.
This paper is an introductory article on the normative basis of the use of the majority vote in society. Our central question is when and why the minority should obey the will of the majority under a majority vote. Our argument is based on Condorcet's jury theorem and Rousseau's Social Contract. Justifications that are not based on the jury theorem are also discussed.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報