Technical Report 中国農村社会の個人化とジェンダー問題

南, 裕子

2016-03 , Graduate School of Economics, Hitotsubashi University
Description
本稿の目的は、中国農村における個人化についての近年の研究をジェンダー研究と繋ぎ合わせることにより、農村部のジェンダー問題を個人化の展開という視角から考察することである。農村部の個人化の展開は、伝統的に形成されてきたジェンダー規範(ジェンダーの非対称な関係性)にいかなる影響をもたらすのかについて、文献資料と自らの調査事例を基に議論した。農村部において、主体的に自由に活動できる空間を拡大し、自分自身の生き方を求め、それを実現できるようになった女性は増えている。しかしその領域を見ると、家族・親族といった私的領域内では広がりが見られるが、公共的領域においては既存のジェンダー規範は根強く女性の行動を制約する傾向にある。また、そうした生き方が可能な女性とそれがかなわない女性に分化が生じ、個人化する社会のリスクが一部の女性に高くなっている。このことは、個人化する社会への適応における女性間の格差を示す。その要因は、個人の能力によるものと、元来のジェンダー間の非対称な関係性の残存が女性のエンパワーメントを阻害することに帰せられる部分とがある。こうした状況を理論的にいかにとらえることが可能か、さらにこのような個人化のリスクに対して、中国社会にはどのような対応の可能性が存在するのかを検討した。
This paper explores the impact of individualization on gender relations in contemporary rural China. The main question is whether ongoing individualization could dissolve the traditional norms of gender and emancipate rural women. Based on the studies on individualization and gender in rural China and findings from the author’s field research, this paper shows that there are an increasing number of women who have expanded their spheres for acting autonomously to search for the life of one’s own and to pursue individual desires. But this expansion proceeds disproportionately between the public domain and the private domain and we can find the differenciation among women in terms of the degree of individualization. This illustrates the gap of abilities to adopt individualization, and it is partly attributed to one’s own quality but also to failure of women’s empowerment caused by unchanged gender norm. To understand this situation, two contrastive theoretical explanations are presented. One is to perceive it as a transitional situation of individualization; the other is as a finiteness of individualization. In the last section this paper discusses possibility of Chinese society to cope with the risk accompanied by individualization.
Full-Text

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27785/1/070econDP16-02.pdf

Number of accesses :  

Other information