学術雑誌論文 中国農民専業合作社の経済効果の実証分析
Economic Analysis on Farmers' Professional Cooperatives in China : Evidence from CHIP 2002 Rural Household Survey

寳劔, 久俊  ,  佐藤, 宏

67 ( 1 )  , pp.1 - 16 , 2016-01-26 , 岩波書店
ISSN:00229733
NII書誌ID(NCID):AA11823043
内容記述
本稿では,中国の農業インテグレーションのなかで重要な役割を担う農業協同組合的組織(「農民専業合作社」)に焦点をあて,合作社加入による農家の農業純収入への経済効果について,中央・地方政府によって認定された「農業モデル村」とそれ以外の村に分類し,合作社加入の内生性を考慮した定量分析を行った.推計の結果,農業モデル村と非農業モデル村ともに農民専業合作社への加入は農家の農業純収入に有意な正の効果をもたらしているが,農業モデル村では農業全般に対するサービスが相対的に体系化されているため,合作社加入による正の効果が相対的に高く,より高い農業純収入の増進効果をもたらしていることが明らかとなった.また,農業モデル村では村幹部選挙に対する世帯主の意識の高さや,農業産業化政策が本格化する以前から合作社の会員が同一村内に存在したりすることが,農家による合作社への加入を有意に促進している点も統計的に示された.
Agricultural cooperatives in China, known as Farmers' Professional Cooperatives (FPCs), are becoming popular and have been intensely promoted by the Chinese government to facilitate agro-industrialization of small farmers. This paper investigates the impacts of the participation in FPCs on farm income by dividing rural households into two village groups (whether villages were designated as "agricultural model villages") as well as controlling endogenous bias of participation. Estimated results show that the economic impacts of the participation in agricultural model villages are much larger than those in other villages, since agricultural related services offered by FPCs in appear to be more standardized in agricultural model villages.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報