Departmental Bulletin Paper 横井時冬論 : 商人・職人を中心とした、もうひとつの「国史」研究の可能性

夏目, 琢史

(3)  , pp.13 - 34 , 2015-10-30 , 一橋大学附属図書館研究開発室
ISSN:2187-6754
Description
本稿は、東京高等商業学校教授 横井時冬の歴史観に注目したものである。時冬は日本商業史研究の先駆け的な存在であり、とくに個別の実証に優れた研究者であったが、これまで彼自身についての本格的な研究はなされてこなかった。本稿では、時冬が商業学校の教員として、常に国際的な視野を持ちつつ、海外を見据えて活動した江戸時代の優れた商人たちの研究を進めていたことなどを明らかにした。
This report paid attention to outlook on historical view of Tokifuyu Yokoi, professor at Higher Commercial School. Tokifuyu was a superior positivist, and the pioneer of the history of Japanese commerce. But there are few studies about Tokifuyu's studies and himself. In this article, it became clear that he pushed forward the study about merchants, who played an active part abroad, as the teacher of the commercial school. Therefore, it can be said that he always had international perspectives as background of his studies.
Full-Text

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27548/1/rdo0000300130.pdf

Number of accesses :  

Other information