紀要論文 「やさしい日本語」研究が日本語母語話者にとって持つ意義―「やさしい日本語」は外国人のためだけのものではない―
What does “Yasashii Nihongo” mean for the native speakers of Japanese? “Yasashii Nihongo” is not only for foreigners

庵, 功雄

6pp.3 - 15 , 2015-07-30 , 一橋大学国際教育センター
ISSN:2185-6745
NII書誌ID(NCID):AA12502475
内容記述
「やさしい日本語」の研究はこれまで、定住外国人を中心とする言語的マイノリティを対象とする形で展開してきたが、「やさしい日本語」は外国人のためだけのものではない。この点を明らかにするために、本稿では、これまでの「やさしい日本語」の研究を概観した後、「地域社会における共通言語」としての側面、および、「日本語母語話者の日本語使用の鏡」としての側面から、「やさしい日本語」が日本語母語話者にとっても重要な意義を持つことを論じた。
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27456/1/kokusai0000600030.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報