紀要論文 J.A.コメニウス著『Janua[扉]』の初版・改訂版について―その形態と構成の観点からの考察―
On the original & revised editions of Janua linguarum reserata by J. A. Comenius (Komenský): from the viewpoint of its form and composition

松岡, 弘

6pp.45 - 63 , 2015-07-30 , 一橋大学国際教育センター
ISSN:2185-6745
NII書誌ID(NCID):AA12502475
内容記述
J.A.コメニウス(1592-1670)によるラテン語言語教科書Janua linguarum reserata『開かれた言語の扉』は、初版(1631)以来多くの版が刊行されたが、それらは「初版・扉」と「改訂版・扉」の二系統に大別される。本稿は、両系統の中からコメニウスの生前に刊行されたもの9 種について、主に形態・構成・分量の観点から調査を行ない、第二言語教育に関わる両者の相違点・特徴・意義を比較分析し、その現代的意味を考察した。
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27445/1/kokusai0000600450.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報