紀要論文 大学講義の文末表現の機能―引用助詞「と」で終わる文を例に―
Discourse Functions of quotation marker to in Academic Speech

石黒, 圭

6pp.17 - 29 , 2015-07-30 , 一橋大学国際教育センター
ISSN:2185-6745
NII書誌ID(NCID):AA12502475
内容記述
本研究は、引用助詞「と」で終わる文の文末の頻度を調査し、その機能を分析・考察したものである。引用助詞「と」で終わる文末の頻度は、講義者によってばらつきがあるが、講義の要所で使われる傾向がある。また、その機能は、四つに分かれる。一つ目は引用表示機能であり、これによって受講者は、引用を引用として理解でき、理解の精度が上がる。二つ目は構造表示機能であり、これによって受講者は、かかる先を前後の文に見出し、引用部の講義者の意図を的確に解釈できる。三つ目は文脈補填機能であり、これによって受講者は、前後の文脈を補うものとして引用部の内容を理解できる。四つ目は談話境界機能であり、これによって受講者は、内容のまとまりを意識し、新たな話題への移行を予測できる。こうしたことから、引用助詞「と」で文が終わる文末を留学生が的確に理解できれば、講義聴解力の向上が期待できる。
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/27444/1/kokusai0000600170.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報