Departmental Bulletin Paper 幼児教育における今日的課題と豊かな遊びを育む保育実践 : 岩手大学教育学部附属幼稚園における園内研究から

下山, 恵  ,  髙橋, 文子  ,  北條, 早織  ,  千葉, 紅子  ,  渡邉, 奈穂子  ,  石川, 幸子  ,  小川 , 恵美子  ,  阿部, 裕之  ,  佐々木, 全  ,  SHIMOYAMA, Kei  ,  TAKAHASHI, Ayako  ,  HOJO, Saori  ,  CHIBA, Kouko  ,  WATANABE, Naoko  ,  ISHIKAWA, Sachiko  ,  OGAWA, Emiko  ,  ABE, Hiroyuki  ,  SASAKI, Zen

Description
幼児期の教育は,生涯にわたる人格形成の基礎を培うとともに,学習の基盤を形成する重要なものである。平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」が実施されたことにより,幼稚園等の施設を通して,全ての子どもが健やかに成長するよう,質の高い幼児教育を提供することが求められている。本稿ではこのような幼児教育における今日的な動向についての実践的な対応を,岩手大学教育学部附属幼稚園における実践を通じて論説する。本園では,遊びを中心とした保育の中で一人一人の自己形成を支えるとともに,学びの基盤となる遊びの充実を目指してきた。確かな幼児理解に基づき,豊かな遊びを育てることこそが,生涯にわたる学びの基盤をつくるものであり質の高い幼児教育である。この理念を具現化するための保育の計画,保育の評価の実際を報告する。併せて,園内研究の一環である保育カンファレンスの実際を報告した。
Full-Text

https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14194&item_no=1&attribute_id=36&file_no=1

Number of accesses :  

Other information