紀要論文 『クラークシュピーゲル(Klagspiegel)』にみる刑法「総論」―中近世ドイツ刑事法史の観点から―

永田, 千晶

24pp.41 - 62 , 2015-06-01 , 岩手大学大学院人文社会科学研究科
NII書誌ID(NCID):AA1118785X
内容記述
筆者は修士論文において,中世末期から近世初頭のドイツで著された法的文献の一つ『クラークシュピーゲル(Klagspiegel)』1)(以下,Ksp.)に関して,その法制史的,とりわけ刑事実体法史的な意義を検討した。本論文は,修士論文で述べた内容のうちKsp.における故意/過失,未遂にトピックを絞り,構成し直したものである。
本文を読む

https://iwate-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13059&item_no=1&attribute_id=36&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報