紀要論文 言語活動の活性化による学習の質的変革
Transforming of Learning through Activation of Classroom Activity
ゲンゴ カツドウ ノ カッセイカ ニ ヨル ガクシュウ ノ シツテキ ヘンカク

岡崎, 洋三  ,  Okazaki, Yozo  ,  オカザキ, ヨウゾウ

22pp.47 - 55 , 2018-03-31 , 大阪大学国際教育交流センター , Center for International Education and Exchange, Osaka University , オオサカ ダイガク コクサイ キョウイク コウリュウ センター
ISSN:13428128
NII書誌ID(NCID):AA11266479
内容記述
学習のための活動性のある練習に対して、言語活動それ自身としての独立性のある可能性を活性化することを通じて、ラーニングを通過点としてアクティビティを目指す教育についての理論的な可能性が明らかになった。その指導においては、河合隼雄が心理療法および臨床教育学の実践において探究した方法を表現活動中心の日本語教育においても活用することの理論的可能性も見出された。それはヒューリスティックで、スポーツ的な活動性をもつ臨床的方法である。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67906/MESE_22_047.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報