紀要論文 自律学習支援のための日本語学習記録における教師コメントの分析
An Analysis of a Teacher’s Comments on Japanese Learning Records to Facilitate Learner Autonomy
ジリツ ガクシュウ シエン ノ タメ ノ ニホンゴ ガクシュウ キロク ニ オケル キョウシ コメント ノ ブンセキ

義永, 美央子  ,  Yoshinaga, Mioko  ,  ヨシナガ, ミオコ

22pp.33 - 46 , 2018-03-31 , 大阪大学国際教育交流センター , Center for International Education and Exchange, Osaka University , オオサカ ダイガク コクサイ キョウイク コウリュウ センター
ISSN:13428128
NII書誌ID(NCID):AA11266479
内容記述
本稿は、学習者オートノミーの育成を意図して行った「学習記録」の実践報告である。主に学部1・2年生を対象とした日本語授業の課題として実施した学習記録について、教師のコメントと学習者による評価を分析したところ、教師のコメントは「質問」「ほめ」「アドバイス」「励まし」「ねぎらい」「情報提供」「感想」「回答」「訂正」の9つに分類され、これらのコメントを通じて、教師は「専門家・教授者」「ファシリテーター」「情報提供者」「学習管理者」「メンター」「改革者」の役割を果たしていることが明らかになった。また、学習者の側は、学習記録を書くことによって学習目標が具体化し、日本語力の向上に役立ったと評価するとともに、記録とコメントの交換を通じて教師との信頼関係を構築していた。一方で、学習意欲や計画性の向上、学習時間の増加を認める学習者は比較的少なく、学習者の自律度を考慮した支援のあり方をさらに検討する必要があるといえる。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67905/MESE_22_033.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報