紀要論文 人間学とことば学として知識社会学を読み解く : 第二言語教育学のためのことば学の基礎として
Rereading the Sociology of Knowledge as a Study of Humanity and Verbal Behavior : As a Foundation of the Study of Language for Second Language Education
ニンゲンガク ト コトバガク ト シテ チシキ シャカイガク ヲ ヨミトク ダイニゲンゴ キョウイクガク ノ タメ ノ コトバガク ノ キソ ト シテ

西口, 光一  ,  Nishiguchi, Koichi  ,  ニシグチ, コウイチ

22pp.1 - 11 , 2018-03-31 , 大阪大学国際教育交流センター , Center for International Education and Exchange, Osaka University , オオサカ ダイガク コクサイ キョウイク コウリュウ センター
ISSN:13428128
NII書誌ID(NCID):AA11266479
内容記述
Based on the anthropological necessity entailing three moments of dialectics of the society, i.e. externalization, objectivation and internalization, the sociology of knowledge advocated by Berger and Luckmann (1966) and Berger (1967) offers language educators with important insights on humanity and its verbal behavior. The paper begins with the brief explication of the sociology of knowledge, and proceeds to the discussions on humanity and verbal behavior within the sociological theory. It also touches on the basic phenomenological perspective of the theory, which places language at the center of our world-building activities. While pointing out the three dimentional nature of utterance including situated action, situation-transcending historical aspect and aspect of code system, the paper concludes that language educators need to pay attention to the nature of language discussed in this paper in planning, designing and implementing language teaching.
社会の弁証法の3つの契機である外在化と客体化と内在化を含む人間学的必然性を背景として、Berger and Luckmann(1966)とBerger(1967)により提唱された知識社会学は、人間観と言語観に関して言語教育者に重要な洞察を与えてくれる。本稿は、知識社会学とは何かという議論から始まり、知識社会学における人間観と言語観の議論に進む。さらに、知識社会学の現象学的な観点にも言及する。現象学的な観点では、言語がわたしたちの世界構築の営みの中心に置かれる。最後に、発話は状況的行為と超状況的な歴史的側面とコードのシステムとしての側面という3つの側面を有することを指摘し、教育や授業の企画・計画・実践において第二言語教育者は、発話のこのような成り立ちと特性を十分に考慮しなければならないと結論づける。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67901/MESE_22_001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報