Departmental Bulletin Paper グローバル外国語教育に不可欠な「高度汎用力」の原点 : interactive competenceを支える「スクライビング」実践報告
The Skill of Scribing to acquire Linguistics Interactive Competence, the starting point of the higher Applicability indispensable to the Global Foreign Language Education
グローバル ガイコクゴ キョウイク ニ フカケツ ナ コウド ハンヨウリョク ノ ゲンテン interactive competence ヲ ササエル スクライビング ジッセン ホウコク

印南, 敬介  ,  林田, 雅至  ,  Innami, Keisuke  ,  Hayashida, Masashi  ,  ハヤシダ, マサシ  ,  インナミ, ケイスケ

3pp.79 - 85 , 2018-03-30 , 大阪大学COデザインセンター
ISSN:18818234
NCID:AA1278294X
Description
印南は、ナレッジキャピタルのコミュニケーター業務や国際連携業務を通じて、外国語交渉の現場で経験を積み、双方向言語運用能力(interactive competence)を習得した。多言語・多文化コミュニケーションの媒介役には、外国語運用能力(語学力)のみならず、信頼関係を醸成するための「寄り添い」が、これまでの「通訳」以上に必要となる。そのために、母語のコミュニケーション能力、とりわけ傾聴能力・文脈理解能力・演繹的表現力が不可欠である。これらの能力を訓練する手法として、聴き取った内容を瞬時にまとめて筆記表現するスクライビングを提案するものである。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67895/cod_03_079.pdf

Number of accesses :  

Other information