紀要論文 ダニエル・パロキアのエピステモロジー
The Epistemology of Daniel Parrochia
ダニエル パロキア ノ エピステモロジー

上野, 隆弘  ,  Ueno, Takahiro  ,  ウエノ, タカヒロ

39pp.93 - 106 , 2018-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NII書誌ID(NCID):AN0020011X
内容記述
Research Notes
人間学・人類学 : 研究ノート
The aim of this paper is to introduce Daniel Parrochia, a recent French representative of epistemology. In France, epistemology means the philosophy of the history of science. It draws some philosophical themes from the particular history of science. Recently, its uniqueness has faded, but some philosophers have taken over its particular tradition, which is an important side of French philosophy. Parrochia, a successor of Gaston Bachelard and a disciple of François Dagognet, develops his own epistemology. His main topics are mathematics, logic, physics and the theory of technique. On the one hand he follows traditional epistemology, but on the other hand he proposes his own original philosophy. However, his name is unknown in Japan. First, I introduce Parrochia’s career and his personality, showing how his philosophy has developed through three periods in his career. Then, I survey some of his writings. For example, he deals with the history of philosophy, physics and meteorology. Recently, he has discussed gender studies and the theory of music. Finally, I discuss his central theme. The concept of network réseau is at the core of his philosophy. Depending on this concept, we can understand that the aim of Parrochia is to reexamine not only the system but the whole of western philosophy.
本稿の目的は、現代のエピステモロジー(科学認識論)を代表する人物のひとりであるダニエル・パロキアの哲学を明らかにすることにある。エピステモロジーとは主にフランスで展開されてきた科学哲学のことである。この哲学は個別の科学史に依拠しつつ、そこから哲学的テーマを引き出す仕事をおこなってきた。近年、その独自性は薄れつつあるものの、フランス哲学の重要な一側面として幾人かの哲学者に引継がれている。この分野の初期の代表者であるガストン・バシュラールの流れを汲み、フランソワ・ダゴニェを師にもつパロキアは、数学、論理学、物理学、技術論を主な専門領域として自身のエピステモロジーを展開している。パロキアは一方ではエピステモロジーの伝統を引継ぎつつも、他方で独自の哲学を提起している。しかしながら、今のところ日本において、その名前はほとんど知られていない。本稿では、はじめにパロキアのキャリアを紹介し、その人物像を明らかにする。彼の哲学は三期に渡って形成された。ついで、その著作をいくつか概観することで多方面に及ぶパロキアの関心を確認する。最後に主要著作の記述を追いながら、パロキアの主張について見ていく。われわれは、「ネットワーク」という概念を軸に据えることで、パロキアの目的である西洋哲学の体系性あるいは全体性の再検討を理解することができるだろう。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67885/ahs39_093.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報