紀要論文 近代医療と「補完代替医療」の距離 : 石垣島で勤務する医師のインタビューを通じて
The Distance of Modern Medicine and Complementary and Alternative Medicine : An Analysis of Interviews with Doctors Residing on Ishigaki Island
キンダイ イリョウ ト ホカン ダイタイ イリョウ ノ キョリ イシガキジマ デ キンム スル イシ ノ インタビュー ヲ ツウジテ

上野, 彩  ,  Ueno, Aya  ,  ウエノ, アヤ

39pp.15 - 28 , 2018-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NII書誌ID(NCID):AN0020011X
内容記述
Articles
社会学 : 論文
A great deal of time has passed since we recognized the importance of complementary and alternative medicine(CAM). Since 2012 in Japan, the Ministry of Health, Labour and Welfare launched integrative medicine, a combination of both modern medicine and CAM. However, modern medicine and CAM have been researched individually. In particular, there are few reviews on the impressions that physicians of modern medicine have of CAM or CAM experts. This paper introduces the situation of yuta, or a kind of shaman on Ishigaki Island, who are considered CAM based on data from interviews with doctors and participant observation of people who live in the island to examine the future of integrative medicine project. The results indicate that doctors neither affi rm nor deny the effectiveness of yuta and other types of CAM. However, yuta and CAM are cultures far too different for doctors to comprehend. On the other hand, Ishigaki residents use both systems on a case-by-case basis because they have a good grasp of the limitations of doctors. There is a term in sociology and medical anthropology known as “pluralistic medical systems,” referring to situations where multiple medical systems exist in a complementary or comparative perspective. Pluralistic medical systems in Ishigaki Island are run by not experts but people use them properly.
近代医療以外の医療、「補完代替医療」の重要性が注目されて久しい。日本でも2012年から近代医療と「補完代替医療」、それぞれの長所を活かした統合医療の普及が取り組まれるなど、近代医療専門家以外の専門家が医療の領域で活躍するようになってきている。しかし、これまでの先行研究では近代医療と担う医療者と「補完代替医療」を担う専門家はわけて記述されており、特に医師が「補完代替医療」の専門家へどのような印象を抱いているのかなど、その内面に関する先行研究はほとんどない。そこで本稿では宗教的治療者が存在する八重山諸島・石垣島で働く医師へのインタビューを通して、医療体系が多元的に存在している状況について紹介する。インタビュー調査の結果では、医師は近代医療ではないユタの治療の効果を否定も推奨もしておらず、理解しがたいものとして一定の距離を取らざるを得ない様子が看守された。そして、地域住民は「医者にはできないこと」があることを前提に、医師とユタを「必要」な場合によって使い分けていた。しかし、近代医療の教育を受けてきた医師はユタの治療効果を検証・理解する手段もないと語る医師もおり、そのことから近代医療の教育を受けた医療者と「補完代替医療」の専門家との間では、双方の専門性を共有するための「手段」がそもそも存在していない可能性も考えられなければならないのではないだろうか。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67878/ahs39_015.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報