Departmental Bulletin Paper 「廃棄の文化」に関する理論的検討 : メアリ・ダグラスの議論から
Theoretical Study on the “Culture of Waste” based on Mary Douglas’s Theory
ハイキ ノ ブンカ ニ カンスル リロンテキ ケントウ メアリ ダグラス ノ ギロン カラ

梅川, 由紀  ,  Umekawa, Yuki  ,  ウメカワ, ユキ

39pp.1 - 13 , 2018-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NCID:AN0020011X
Description
Articles
社会学 : 論文
In today’s world, hoarders often provide us with sensational news; this issue has been investigated into with the main focus being on the distinction between “waste” and “stuff.” While the problem of hoarding started around the mid-2000s, there have always been hoarders in society, with newspaper reports dating back as far as 1968. While in 1968, hoarding was considered just a phenomenon, this trend shifted around the mid-2000s when hoarding began to be viewed as a problem. While there have been signifi cant efforts in Japan to properly reduce and dispose waste, problems related to hoarding have highlighted the possible and deep relationship between waste, society, and culture. Therefore, it is no longer possible to only see waste as an environmental problem, a public health problem, or as a moral issue, as it is necessary to delve deeper into the following questions: what does waste mean for people? how do people treat waste? and what benefi ts do people derive from waste? In this paper, waste and waste disposal are reconsidered from a “culture of waste” perspective, which is related to the changes in people’s social lives and consciousness. First, to lay the foundation, the “culture of waste” is reexamined based on the theory proposed by Mary Douglas, in which the theory of “order and disorder” and the argument of “ambiguity” are elucidated. Then, these arguments are further examined in the light of the theoretical criticisms of Douglas’s theory by Anna S. Meigs and Kevin Hetherington. Finally, after these in-depth examinations, the essential issues related to the “culture of waste” are summarized.
昨今、いわゆる「ごみ屋敷」が世間を騒がせている。筆者は、ごみ屋敷とは単なるトラブルを超えて、ごみとモノの境界が問われる事象だと捉えている。こうした「ごみ屋敷問題」は2000年代半ば頃から社会問題化した。ごみ屋敷はそれ以前に存在しなかったわけではない。新聞記事を確認すると、少なくとも1968年には存在を確認できる。ごみ屋敷問題とは、現代のごみをめぐる社会意識や、ごみと人間の関係を象徴する現象と捉えることができるだろう。日本社会は、ごみをいかに減らし、適切に処理するかに注意を向けてきた。しかし「ごみ屋敷問題」の登場が私たちに示すのは、環境・衛生問題、道徳意識の切り口のみでは語り切れない、ごみと社会あるいは文化との間にある深い関わりだ。人間は何をごみと捉え、ごみをどのように扱い、何を得ようとしているのか。社会生活や意識の変化と関連する「廃棄の文化」として、ごみやごみをめぐる行為を捉え直す時期がきているのではないか。そこで本稿では、メアリ・ダグラスの議論の再検討を通して、「廃棄の文化」を検討する土台を構築する。第一にダグラスの秩序・無秩序の議論、両義性の議論を整理する。第二に、ダグラスの議論に向けられた批判について検討する。特にアンナ・S・ミーグスとケヴィン・ヘザーリントンの議論を論じる。第三に「廃棄の文化」を検討するうえの留意点を整理する。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67877/ahs39_001.pdf

Number of accesses :  

Other information