Departmental Bulletin Paper スウェーデン医療機関における周産期喪失ケアへの多職種連携
Specialist Teams of Carers for Perinatal loss in Sweden
スウェーデン イリョウ キカン ニ オケル シュウサンキ ソウシツ ケア ヘ ノ タショクシュ レンケイ

管生, 聖子  ,  Wretmark, Astrid  ,  Sugao, Shoko  ,  スガオ, ショウコ

23pp.127 - 136 , 2018-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NCID:AN1055404X
Description
翻訳
There is not much opportunity for sharing and expressing sorrow following perinatal loss such as stillbirth or an abortion, though hospitals where such loss occurs can potentially provide comfort in grief. The importance of care for perinatal loss has been shown recently. In this paper I report on research conducted at a Swedish medical institution, and I try to clarify the various perspectives of staff in multi-occupations. Not only limited to cases of miscarriage or stillbirth, people need religion when facing death; hence, chaplains are engaged at Swedish hospital. When parents want to receive personal support, they can visit the hospital easily. While taking advantage of expertise, the staff is working together. A common foundation of their approach is that they believe that parents have an innate power for recovery from deep sorrow. In order to collaborate in multiple occupations, this shared belief is important.
胎児の死、すなわち流産や死産によって我が子を失うという体験に直面した場合、その悲しみを共有し表現する機会は決して多くない。その少ない場のひとつとして、赤ちゃんを亡くした病院が挙げられる。周産期喪失のケアの重要性が近年示されているが、多職種がどのような視点を持ってよりスムーズに連携してゆけるのか、スウェーデン医療機関での調査を報告しながら考察する。流産や死産に限らず、「死」に直面する時、人は宗教性を必要とすることが多い。スウェーデン医療機関では医療スタッフ以外に、コメディカルスタッフとしてチャプレンの存在がある。サポートを求めたくなった時、そのサポートを受けることが出来る場が「ある」ということは大きな意味を持つ。赤ちゃんを亡くした親自身には、抱えきれない悲しみを何とか抱え収めてゆこうとする心の動きが潜在的にでもある。スタッフは、それらを色々なレベルでのサインから感じとり、大切にすることがケアを行う上で重要になってくる。多職種連携のもと、ケアを行うためには、医療スタッフがそれぞれの専門性を生かした関わりを行うことはもちろんであるが、その下地として、親が潜在的に自身の体験を抱えようとする力を持っているという共通認識を持つ必要があると考えられる。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67866/aes23-127.pdf

Number of accesses :  

Other information