紀要論文 精神分析における支持 : 心的苦痛と向き合う恐れの中で
Support in psychoanalysis : Working through fear for facing psychic pain
セイシン ブンセキ ニ オケル シジ シンテキ クツウ ト ムキアウ オソレ ノ ナカ デ

井上, 祐  ,  Inoue, Tasuku  ,  イノウエ, タスク

23pp.43 - 53 , 2018-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科教育学系 , Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ キョウイクガクケイ
ISSN:13419595
NII書誌ID(NCID):AN1055404X
内容記述
This article discusses how psychoanalysis can support a client. Originally, psychoanalysis aimed to work through a client’s painful emotions identified through contertransference. The client tries to communicate the unacceptable psychic pain to the therapist through projective identification, and the therapist tries to understand and interpret it. Through this interaction, the client is gradually able to accept his/her psychic pain. These days, modern psychoanalytic techniques emphasize that this analytic work develops capability for introspection. Primarily, this process includes confronting anxiety and aspects of painful emotions. Therefore, this work is distressing for both the client and the therapist. To maintain equilibrium, clients try to replace therapeutic interaction with superficial positive relationships. The therapist sometimes colludes with it, and tries to give him/her superficial sense of security as deviation. Clinical research has explored the process of overcoming denial of anxiety and painful emotions. Research has indicated that recognizing the motive for the positive relationships would contribute to reconsidering denied anxiety, instead of excluding it as deviation. This work does not provide direct supportive relationships, but can improve tolerance to any remaining conflict.
本稿では精神分析が患者・クライエントを支持するあり方について検討した。精神分析はクライエントの苦痛な情緒を逆転移を通してワークすることを志向してきた。クライエントは投影同一化を通して耐え難い心的苦痛を伝え、治療者はそれを理解・解釈する。この交流を通し、クライエント苦痛を受け入れられるようになる。近年では、内省力自体を発達させるという点も強調されている。本来この作業は不安や自己の苦痛な側面に触れることが含まれる。これはクライエントと治療者の両方に苦痛なもので、クライエントは平衡を保つため治療的交流の代わりに表面的に陽性の関係性を持ち込もうとすることがある。治療者も時にこれに共謀し安心感を与えるよう振る舞ってしまうことがある。臨床研究は否認された不安と苦痛な情緒を乗り越えるプロセスを探求してきた。示唆されたのは、原則に従って逸脱を排除することではなく、陽性の関係性へ向かう動因を認識することが、否認された不安を再検討することに繋がりうるということである。こうした作業は直接的に支持する関係性を提供するものではないが、しかし、葛藤に対して耐える力は強化されると考えられる。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67860/aes23-043.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報