Technical Report 結婚と幸福 : サーベイ

筒井, 義郎  ,  Tsutsui, Yoshiro  ,  ツツイ, ヨシロウ

18-01pp.1 - 27 , 2018-01 , Graduate School of Economics and Osaka School of International Public Policy (OSIPP) Osaka University
Description
This paper explores studies concerning the effect of marriage on happiness and reports the followings. Those who marry are happier than those who don’t. There exists bilateral causality between marriage and happiness. Happiness rises with marriage, but thereafter begins to decline shortly. Whether the adaptation is perfect or not is still undetermined. Why people get married? What kind of couple get married and become happy? Becker (1973) proposed the model of household production, and demonstrated that while the division of labor in a household is efficient, husband and wife who have similar traits are often efficient. The latter statement is known as assortative mating hypothesis in psychology and sociology and many studies have reported that couples who have similar values and/or personality get married and become happy.
本稿は、結婚が幸福度に及ぼす影響に関連する研究をサーベイし、以下のような結果を報告する。結婚している人はしていない人より幸福である。結婚と幸福の因果関係については、両方向の関係が確認されている。一般に幸福感にはベースラインがあり、結婚というライフイベントについても、いったん上がった幸福感は速やかに下がっていくことが確認されている。しかし、順応が完全であるかどうかについては論争があり、決着していない。なぜ人は結婚するのか、どのようなカップルが結婚し幸せになるのかについて、Becker (1973) は家庭内生産というモデルを提示して、家庭内分業が効率的であり、それでも多くの特質については似たもの夫婦が効率的であることを示した。後者は選択配偶仮説として、心理学や社会学の分野で精力的に研究されており、価値観や性格が似たものが結婚し、幸福であるという結果を報告している。

Number of accesses :  

Other information