紀要論文 古仁屋方言の名詞述語否定形式アラン・ジャネンとその派生用法
コニヤ ホウゲン ノ メイシ ジュツゴ ヒテイケイシキ アラン ジャネン ト ソノ ハセイ ヨウホウ

松丸, 真大  ,  Matsumaru, Michio  ,  マツマル, ミチオ

15pp.72 - 86 , 2017-11 , 大阪大学大学院文学研究科社会言語学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ブンガク ケンキュウカ シャカイ ゲンゴガク ケンキュウシツ
NII書誌ID(NCID):AA11555159
内容記述
方言記述
現代古仁屋方言(鹿児島県大島郡瀬戸内町)では、名詞・形容動詞述語の否定形として「〜(ヤ)アラン」と「〜ジャネン・ヤネン」の2 種類を用いる。本稿は、このアランとジャネン・ヤネンの違いを明らかにした。具体的には次の点を指摘した。(a)アランとジャネン・ヤネンは名詞・形容動詞述語の否定形に用いられ、この点で2 形式に違いはない。なお形容詞述語の否定形にはネンが、動詞の否定形には「ン」が用いられる。(b)否定疑問文では、原則として述語否定形式が用いられており、ここでもアランとジャネンに違いはない。(c)確認要求用法では、述語の言い切り形にアランを続ける形が用いられ、これをジャネンに置き換えることはできない。またこの場合、動詞・形容詞述語にもアランが現れる。(d)アランは、標準語の「違う」のように、相手の発話を否定する場合にも用いられる。また、ジャネンに含まれるネンは〈非存在〉を表す述語として用いられる。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67213/sln15-072.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報