紀要論文 「災害と共生」を前にして : 内発的であるとは何か

宮本, 匠  ,  Miyamoto, Takumi  ,  ミヤモト, タクミ

1 ( 1 )  , pp.21 - 26 , 2017-10 , 「災害と共生」研究会 , サイガイ ト キョウセイ ケンキュウカイ
ISSN:24332739
内容記述
一般論文
本論文は、「内発的な復興とはいかに可能か」という問いをめぐって考察してきた筆者のこれまでの論考の概要とそれらの間の関係について、2004年新潟県中越地震の震源の村、木沢集落でのアクションリサーチのプロセスからふりかえるものである。復興を当事者と外部支援者のナラティブの共同構築として捉える視点、経験の社会的構成を「言語の水準」と「身体の水準」の2層から捉えることで内発的な復興における当事者自身がもつ他者性を強調する視点、内発的な復興には、よりよい状態を「めざす」かかわりよりも、当事者のかけがえのなさを承認する「すごす」かかわりが効果的であること、「めざす」かかわりは、近代的な時間の成立と関係していることなどが紹介される。最後に、今後展開したいものとして、復興曲線インタビュー、外部支援者の類型化、当事者による復興の評価、「スカブラの系譜学」を挙げる。
This paper is a review consisting of the author’s series studies on an endogenous disaster recovery process based action research conducted in Kizawa village affected by the 2004 Niigata Chuetsu earthquake. In these studies, several ideas are introduced. First, a recovery process can be considered as a collaborative construction of “narrative” by survivors and outside supporters. Second, an endogenous process can be considered as multi-layer, "level of language," "level of body," and "otherness" as located in survivors' "level of body" which is crucial. Third, the "sugosu" approach, which emphasizes irreplaceability of survivors, could be more effective than "mezasu" approach which attempts to achieve betterment. The "mezasu" approach is inseparably bond to creation of modermized sense of time. Finary, some research topics are mentioned as future topics of research.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67186/dak_001_021.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報