紀要論文 宗教社会学における災害ボランティア研究の構築

稲場, 圭信  ,  Inaba, Keishin  ,  イナバ, ケイシン

1 ( 1 )  , pp.9 - 13 , 2017-10 , 「災害と共生」研究会 , サイガイ ト キョウセイ ケンキュウカイ
ISSN:24332739
内容記述
一般論文
「災害と共生」 という新たなテーマに宗教社会学の領域からも研究実践が始まった。それは、時代の要請でもあろう。東日本大震災という未曽有の大災害に、人々が共通の問題解決のために立ち上がり、新たな連帯が生まれている。他者を助ける行為、利他行動を自己犠牲とは感じない人々がいる。宗教は、長い歴史において、様々な苦難に寄り添ってきた。災害時にも宗教者の寄り添い、支援が問われている。諸宗教が、利他主義、他者への思いやりと実践に関する教えを持っている。その宗教的利他主義に基づいた宗教者の社会貢献である災害ボランティア活動や防災の取り組みについて、宗教社会学者によるアクションリサーチも行われている、本稿では、筆者のこれまでの研究から、宗教的利他主義、救済論、ソーシャル・キャピタルの議論を取り上げて、宗教社会学における災害ボランティア研究の足掛かりを築きたい。
Research in the sociology of religion has recently been initiated in the novel theme of "coexistence with natural disasters". Apparently, this is what the era demanded. The unprecedented disaster of the Great East Japan Earthquake (2011) stimulated a search for solutions to shared problems and fostered new linkages among social actors. Over the long span of human history, religion has been involved in responses to a variety of difficult situations. Religious individuals and organizations are present during natural disasters, and their support is desired. Many religions teach altruism, consideration for others, and related practices. Social contributions by religious individuals and organizations performed according to a doctrine of altruism of religion conduct action research regarding these and related beliefs and activities. This paper examines previous research by the author on religious altruism, soteriology, and social capital, and it seeks construct platform in the sociology of religion for research on disaster volunteering.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/67184/dak_001_009.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報