Departmental Bulletin Paper 政治紛争のなかの先住民コミュニティ : グアテマラ・マヤ系先住民の文化と自治
The Local Politics and the Communal Autonomy of a Guatemalan Indigenous Community in Conflicts
セイジ フンソウ ノ ナカ ノ センジュウミン コミュニティ グアテマラ マヤケイ センジュウミン ノ ブンカ ト ジチ

池田, 光穂  ,  Ikeda, Mitsuho  ,  イケダ, ミツホ

2pp.1 - 16 , 2017-09-15 , 大阪大学COデザインセンター
ISSN:18818234
NCID:AA1278294X
Description
研究ノート
この論考は、グアテマラの先住民地方都市において、地方分権化の文脈が、中央の政党政治からどのような影響を受け、かつまた、現地でどのように適応を遂げているのかについて考える。池田[2012]を受けて、町長派と反町長派の対立構造が、町長選挙キャンペーンの時期に緊張度を高め、ピックアップトラックの放火事件に発展する。犯人不詳のまま選挙戦に突入し、トラックの所有者の父親が選挙偽装の嫌疑を町民の前で告発されリンチ未遂事件が起こる。他方、勝利した新町長の親族が経営する市場のテナントに新年の花火が飛び込み家産を焼失するという事件が起こり、その解釈をめぐって最初の放火に対する「神罰」ではないかという風評が流布する。この町での政治的緊張は、住民による情動の解釈図式の中に巻き込まれていったのである。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/65077/cod_02_001.pdf

Number of accesses :  

Other information