学術雑誌論文 トランス・ランゲージングと概念構築 : その関係と役割を考える
Translanguaging and Conceptual Construction : The Relationship Between the Two and Their Respective Roles in a Learning Process
トランス ランゲージング ト ガイネン コウチク ソノ カンケイ ト ヤクワリ ヲ カンガエル

加納, なおみ  ,  Kano, Naomi  ,  カノウ, ナオミ

12pp.77 - 94 , 2016-03-31 , 母語・継承語・バイリンガル教育研究会(MHB研究会) , Mother Tongue, Heritage Language, and Bilingual Education Research Association , ボゴ ケイショウゴ バイリンガル キョウイク ケンキュウカイ
ISSN:21868379
NII書誌ID(NCID):AA12325176
内容記述
特集 : すべての言語資源を活用したマルチリンガル教育をめざして
研究ノート
Featured Topic : Aiming for Multilingual Education Utilizing All the Language Resources
Research Note
グローバル化が進み、国際教育に果たす留学の役割はますます増大している。これまで、複数言語での学習を可能にするマルチリテラシーズ獲得には、「言語間転移」が重要だと考えられてきた。また、L2ライティング・プロセスにおけるLl関与は、書き手の思考を内面的に言語化するランゲージ・スイッチングとして理解されてきた。本稿では、マルチリンガルの自然な言語使用に根ざし、状況や場面に応じて彼らが全言語レパートリーから最適な要素を選び、言語の境界線を越えてそれらを組み合わせてタスクを遂行する「トランス・ランゲージング」の観点から、言語間の「概念転移」を「概念構築」として捉え直す。マルチリンガルの留学生が全言語資源を活用し、トランス・ランゲージングを通して新たな知を獲得しつつ概念構築を進め、L2言語能力と課題の要求度のギャップを埋めながら留学修了要件を満たしていったプロセスを分析する。それを通じて、マルチリンガルの柔軟な言語使用を考察する。
Study abroad programs increasingly play a key role in the promotion of international education in the age of globalization. Linguistic transfer has been deemed essential for achieving multiliteracies that enable learning in multiple languages. Moreover, Ll use in L2 writing process has been considered as language switching that linguistically internalizes a writer’s thoughts. The present study reconceptualizes linguistic transfer as conceptual construction within a frame of translanguaging, which takes root in multilinguals’flexible language use. Translanguaging allows them to choose appropriate linguistic elements out of their entire linguistic repertoire, and to soft-assemble such elements beyond linguistic boundaries to accomplish the communication goals at hand. The study analyzes the learning process of a multilingual college student, who utilized the whole linguistic repertoire through translanguaging to obtain new knowledge and complete the course requirements of the study abroad program, while filling up the gaps between her L2 ability and the course requirements. Through the analysis, the study discusses the multilingual’s flexible and fluid language use in specific contexts.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/62207/mhb_012_077.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報