紀要論文 韓国語母語話者による日本語の撥音の知覚判断 : 撥音に母音が後続する場合
Perception of the Japanese moraic-nasal(/N/)by Korean learners of Japanese : Concerning /N/ followed by a vowel
カンコクゴ ボイン ワシャ ニ ヨル ニホンゴ ノ ハツオン ノ チカク ハンダン ハツオン ニ ボイン ガ コウゾク スル バアイ

韓, 喜善  ,  Han, Heesun

2016pp.73 - 84 , 2017-05-31 , 大阪大学大学院言語文化研究科 , Graduate School of Language and Culture, Osaka University , オオサカダイガク ダイガクイン ゲンゴブンカ ケンキュウカ
NII書誌ID(NCID):BA62202744
内容記述
音声言語の研究11
撥音に母音が後続する場合の撥音の音声については、その音声の実態について不明な点があるものの、一般的には鼻母音として実現されるという説が多い。この鼻母音として生成された撥音の音声については、著者が10代で韓国で日本語を学習し始めた頃、NHKのニュースの「こんばんは」の音声が「こんばうわ」のように聞こえ、撥音として認知しにくかったことを記憶している。一方、日本語母語話者でもぞんざいな口調では「犬猿」を「ケーエン」のように発音すると考える日本語母語話者も存在することが報告されている(上野2014)。これは、たとえ日本語母語話者であっても、この音環境における撥音の判断は学習者と類似しているということを示唆している。ところが、現実の場面では「撥音+母音」の音声は口調や話速などによってその音声が多様であり、常に認知できなかったわけではなく、これも日本語母語話者(上野2014)や著者の経験とも一致する。しかしながら、日本語母語話者と非日本語母語話者とでは「撥音+母音」の認知に何らかの違いがあるのではないかと著者は考える。また、学習レベルによってどのような判断の変化が起きているかについても調査する。
This study examines the perception of the Japanese Moraic-Nasals /N/ by Korean learners ofJapanese. In the case of the /N/ followed by vowels (IN/ + /a, i, u, e, o/), there is a tendency towards pronunciation as various nasal vowels. The actual sound of each /N/ is, however, prone to change according to the speech style and speech rate. Korean language has three nasal codas (Im, n, IJ/). The Korean nasal codas are pronounced [m], [n], [IJ] respectively, regardless of speech styles and speech rates. Therefore, if Korean native speakers consider Japanese /N/ from the perspective of the Korean nasal coda, it is possible that they will misjudge Japanese /N/. A perception test was conducted using a minimal pair consisting of “/NI + vowel (/goseNeN/ five thousand yen)” and “vowel + vowel (/gose:eN/ encouragement)”. The test words were recorded in “slow,”“common,”“fast,”“faster”speech rates by 6 Japanese. The results showed that native Japanese speakers recognized /N/ in most cases. On the other hand, Korean learners of Japanese who had learned Japanese for less than 1 year were unable to recognize the Japanese /N/, and perceived /N/as vowel. Korean learners of Japanese with advanced Japanese proficiency had results similar to the native Japanese participants. Interestingly, in some cases they showed more accurate judgement than that of the Japanese. This, therefore, suggests that, as language learning progresses, the Japanese /N/ is acquired. Advanced learners, however, tended to pay greater attention to the /N/ sounds rather than the contextual factors on which Japanese were more likely to rely on.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/62002/gbkp_2016_o11_073.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報