テクニカルレポート 「サービス残業」が健康に与える影響

池田, 貴昭  ,  納田, 泰成  ,  Noda, Taisei  ,  Ikeda, Takaaki  ,  イケダ, タカアキ  ,  ノダ, タイセイ

17-13pp.1 - 26 , 2017-05 , Graduate School of Economics and Osaka School of International Public Policy (OSIPP) Osaka University
内容記述
Do working overtime hours affect worker health? Does the effect depend on whether a worker receives overtime payment or not? In this paper, we examine the effect of overtime hours on health, paying attention to overtime payment. We use “Preference Parameters Study of Osaka University”from 2009 to 2013. The dataset enables us to control observable factors, for example: work environment, individual and household characteristics. Further, panel analysis is employed to remove unobservable heterogeneity. Our result shows a harmful effect of overtime hours to worker health. We also find that overtime hours deteriorate worker health only if the worker does not get paid for overtime.
残業時間は労働者の健康に影響するのだろうか。そして、その影響は給与が支払われているかどうかで異なるのだろうか。本研究では、残業に給与が支払われているかどうかに注目しながら、残業が労働者の健康状態に与える影響を検証する。分析には、『くらしの好みと満足度についてのアンケート』(2009-2013 年, 大阪大学)を用いる。この調査の特徴を利用して、個人の勤務先だけでなく個人と世帯の属性といった観察可能な要素をコントロールし、パネル分析により観察不可能な異質性を取り除いて分析した結果、残業時間は労働者の健康状態を害することが示された。そして,この影響は残業に給与が支払われない時にのみ存在することが明らかにされた。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報