紀要論文 在日汉语教学视角下的介词分析 : 以“对”为例
日本語母語話者を対象とした中国語教育のための介詞分析 : “对”をめぐって

張, 恒悦

43pp.191 - 205 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院言語文化研究科 , Graduate School of Language and Culture Osaka University , オオサカ ダイガク ダイガクイン ゲンゴ ブンカ ケンキュウカ
ISSN:03874478
NII書誌ID(NCID):AN00077727
内容記述
学術論文
介詞“对”は非中国語母語話者にとって習得しにくく、誤用の多い文法項目の一つであるが、これまで日本語母語話者を対象とした中国語教育において、“对”をどう教えるべきかについてはあまり議論されていない。本稿では、こうした問題意識に端を発し、介詞“对”の文法機能及び意味的特徴を分析し、同時に日本語母語話者の学習上の注意点を明らかにした。また、日本で使用されている教科書の“对”に関する説明等にも触れ、問題点を指摘した上で、中国語教育に対する提案を行った。
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/61290/slc_43-191.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報