紀要論文 ”En till efemäraste molnighet uppvispad hollandaise" : En studie av sensoriskt språk i Gunnar Ekelöfs Den gamle superkargören (1945)
”A hollandaise whipped to the most ephemeral cloudiness" A study of sensory language in Gunnar Ekelöf's Den gamle superkargören(1945)

Larsson, Ulf

22pp.81 - 95 , 2017-03-31 , 大阪大学言語文化研究科言語社会専攻デンマーク語・スウェーデン語研究室 , オオサカ ダイガク ゲンゴ ブンカ ケンキュウカ ゲンゴ シャカイ センコウ デンマークゴ スウェーデンゴ ケンキュウシツ , Osaka University Graduate School of Language and Culture Studies in Language and Society The Division of Danish and Swedish
ISSN:02879042
NII書誌ID(NCID):AN00002171
内容記述
言語篇/論文
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/60739/1/idun_22_081.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報