Departmental Bulletin Paper アフリカ文学から多文化共生を考える
Considering Multicultural Coexistence from the Perspective of African Literature
アフリカ ブンガク カラ タブンカ キョウセイ ヲ カンガエル

神田, 麻衣子  ,  Kanda, Maiko  ,  カンダ, マイコ

4pp.187 - 204 , 2017-03-00 , 大阪大学未来戦略機構第五部門未来共生イノベーター博士課程プログラム , オオサカ ダイガク ミライ センリャク キコウ ダイゴ ブモン ミライ キョウセイ イノベーター ハクシ カテイ プログラム
NCID:AA12716082
Description
研究ノート
アフリカでは植民地支配の結果、もとよりある多言語状況に宗主国言語が覆いかぶさるという言語構造が生まれた。こうした状況のもと、作家たちが英語で書くことの意義は、植民地支配によって失われた人びとの自尊心を回復させることにあった。しかし、政治状況が混迷する中、先進国ではアフリカ英語文学がアフリカの外にその苦境を伝え、救済を求めるものとしてノンフィクション的に迎え入れられるようになる。これはアフリカを西洋とは対極の「忌むべきもの」としてまなざす視線の変奏にほかならない。1990 年代のポストコロニアル概念の登場によって創作と批評が相互作用し、こうしたまなざしに対する異議申し立てが力を増すようになった。アフリカ英語文学は、その歴史的経緯から多文化共生のひとつの姿を示すものといえる。重要なのは、西洋とアフリカ、そのあいだにある空間にそれが生起しているということであり、その空間は弱い側が歩み寄ってはじめて成立するということである。歴史による分断の結果、力を持ったこちら側にいるわたしたちに求められているのは、あいだの場所のさらに向こう側、歴史のあちら側がもつ同時代的な多様性に触れようとすることである。
As a result of colonization, the structural multilingual situation in which a colonial language was superior to local African languages was established in Africa. Under this situation, African novelists wrote their literary works in English so as to regain self-respect among African people. Despite the top priority of writing in English being for their own people, African novels written in English tended to be accepted in developed countries more as non-fiction writings that were exposing the severe circumstances rising out of mismanagement by African politicians after their independence. This perspective of interpreting the literature was a variation of the colonial gaze at Africa which pitted it on the opposite side to the West, viewing it as “abhorrent.” However, the situation has changed. With the development of the concept of post-colonialism since the 1990’s, literary creations and literary critiques have interacted and increased their power resulting in fierce objections to that Western eye. African literature in English is one of the examples of multicultural coexistence at work. It is important that African literature in English emerged in the political, historical and cultural space between the West and Africa. Additionally, that intervening space couldn’t have been there without the vulnerable side walking toward the stronger side. Since the world was divided into two sides, such as the colonizer/ the colonized, the developed/the developing and the haves/ the have nots, the former has been required to reach out and touch the hither side of the latter, which is abundant with diversity and contemporaneity beyond the intervening space.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60737/MKG_04_187.pdf

Number of accesses :  

Other information