Departmental Bulletin Paper 難民とホスト住民との平和的共存に向けた課題 : ウガンダにおける南スーダン難民の移送をめぐるコンフリクトの事例から
Challenges for Peaceful Co-existence between Refugees and the Host Population : The Case of Conflicts over Relocation of South Sudanese Refugees in Uganda
ナンミン ト ホスト ジュウミン ト ノ ヘイワテキ キョウゾン ニ ムケタ カダイ ウガンダ ニ オケル ミナミスーダン ナンミン ノ イソウ ヲ メグル コンフリクト ノ ジレイ カラ

村橋, 勲  ,  Murahashi, Isao  ,  ムラハシ, イサオ

4pp.161 - 185 , 2017-03-00 , 大阪大学未来戦略機構第五部門未来共生イノベーター博士課程プログラム , オオサカ ダイガク ミライ センリャク キコウ ダイゴ ブモン ミライ キョウセイ イノベーター ハクシ カテイ プログラム
NCID:AA12716082
Description
論文
南スーダンは、2011 年に独立したが、2013 年以降、大統領側と前副大統領側の軍の武力衝突により内戦状態に陥っている。すでに250 万人以上が家を失い、100 万人以上が難民となった。ウガンダは、南スーダン難民の最大の受け入れ国となり、急増する難民に対し、難民居住地を増設し、難民の移送を開始した。しかし、現地調査では、難民が難民居住地への移送を拒否し、当局と難民との間にコンフリクトが生じていた。本稿の目的は、難民のホスト住民に対する恐怖と当局に対する不信の背景を解明することである。まず、国境策定後のスーダン-ウガンダ国境における人々の移動がトランスナショナルな社会関係の構築にどのように寄与したかを分析する。そして、ウガンダの難民居住地が、難民とホスト社会の関係にいかなる影響を及ぼしたかを考察する。難民開発援助の導入などにより、国家-難民-ホスト住民との関係は変化しつつあるが、政策の理念に掲げられている難民とホスト社会との統合が不完全であることを指摘する。最後に、難民とホスト社会との潜在的な敵対関係の解消のために可能な取り組みを提案する。
South Sudan fell into civil war after December 2013, though it gained independence in July 2011. Armed conflicts between the forces loyal to the president and the rebels of the former vice president lasted for around 20 months. The peace agreement signed in August 2015 reduced battles temporarily. Peace was, however, not fully realized and fighting resumed in July 2016. The new civil war has created more than a million refugees up to the present date. Uganda ‘reopened’ a refugee settlement in Yumbe district to respond to the mass influx situation in August 2016. Uganda had been hosting refugees since the 1960s. The Ugandan government and UNHCR set a goal of establishing the self-reliance of refugees and the integration of refugees within the host population. They embarked upon the development-oriented assistance of refugees (developmental refugee assistance) in the 2000s. The Refugee and Host Population Empowerment (ReHoPE) strategy began in 2016 and has attracted much attention from the international community as a progressive solution for refugee issues. In August, I conducted fieldwork in several refugee settlements in Uganda. The conflicts between newly arrived refugees and the authorities could be observed during my research. Refugees refused to be relocated in the new settlement, while the government and UNHCR urged them to transfer. Conflicts between refugees and the host population in Yumbe were repeated after the 1980s. This article aims to reveal why refugees mistrust the authorities and fear the host population and to discuss the contradictions in Ugandan refugee policy and the possibility of peaceful co-existence between refugees and the host population on the basis of this case.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60734/MKG_04_161.pdf

Number of accesses :  

Other information