紀要論文 大学生ボランティア介助者における障害の透明化
Diminishing Perception of Disability by University Students Who Volunteer as Personal Assistants
ダイガクセイ ボランティア カイジョシャ ニ オケル ショウガイ ノ トウメイカ

宮前, 良平  ,  Miyamae, Ryohei  ,  ミヤマエ, リョウヘイ

4pp.127 - 159 , 2017-03-00 , 大阪大学未来戦略機構第五部門未来共生イノベーター博士課程プログラム , オオサカ ダイガク ミライ センリャク キコウ ダイゴ ブモン ミライ キョウセイ イノベーター ハクシ カテイ プログラム
NII書誌ID(NCID):AA12716082
内容記述
論文
本研究は、共生社会の実現に向けての課題のひとつとして障害者問題を取り上げた。障害者が地域社会で自立生活を行うことが求められるようになってきたが、その際に不可欠なのが介助者である。介助者は障害者と介助行為を通じて接するうちにどのように障害を受け容れ、障害観が変化するのか。これを明らかにすることが本研究の目的である。本研究は、5人の大学生ボランティア介助者に対して、それぞれ60分程度の半構造化面接を行った。分析には、グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いた。分析の結果、介助者たちは「介助者手足論」という規範意識を強く持ち、介助には「必死な介助期」「楽しい介助期」「無意識の介助期」があることが示された。そして、「無意識な介助期」において、介助者たちは、介助利用者の障害について取り立てて意識しなくなるという「障害の透明化」を経験していることが明らかになった。総合考察では、「障害の透明化」は、障害を受容するのとは異なるやり方で共生社会を構築していく鍵になることを論じた。
This study deals with disability issues for a kyosei society. The disabled are recently being encouraged to live an independent life in the local community with care workers being indispensable in enabling them to live independently. The aim of this study is to reveal how personal assistants perceive disabilities and change their attitudes about disabilities after their experience of providing assistance. The participants were 5 university students who volunteered as helpers. Semi-structured interviews of approximately 60 minutes were conducted with each student, and the collected data was analyzed using the Grounded Theory Approach (GTA). As a result of the analysis, it was discovered that they strongly believe the thesis that “care workers must work as the hands and feet of disabled persons.” Three stages of assistance were categorized: the “struggling assistance stage,” the “smooth assistance stage” and the “automatic assistance stage.” Furthermore, in the “automatic assistance stage,” they experienced a “diminishing perception of disability,” which meant that they felt a lowering of barriers as if there were no difference between them and the disabled. Finally, I propose that this “diminishing perception of disability” is an important key for building a kyosei society in a different way from the acceptance of disability.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60729/MKG_04_127.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報