Departmental Bulletin Paper 学力格差の是正に向けたアクションリサーチ : 言語・学力・階層に注目した協働的実践研究
Action Research for Narrowing the Gap of Academic Achievement : Focusing on Language, Academic Achievement and Classroom.
ガクリョクカクサ ノ ゼセイ ニ ムケタ アクションリサーチ ゲンゴ ガクリョク カイソウ ニ チュウモク シタ キョウドウテキ ジッセンケンキュウ

伊藤, 駿  ,  数実, 浩佑  ,  岡田, 拓郎  ,  山口, 真美  ,  Ito, Shun  ,  Kazumi, Kosuke  ,  Yamaguchi, Manami  ,  Okada, Takuro  ,  イトウ, シュン  ,  カズミ, コウスケ  ,  ヤマグチ, マナミ  ,  オカダ, タクロウ

4pp.225 - 242 , 2017-03-00 , 大阪大学未来戦略機構第五部門未来共生イノベーター博士課程プログラム , オオサカ ダイガク ミライ センリャク キコウ ダイゴ ブモン ミライ キョウセイ イノベーター ハクシ カテイ プログラム
NCID:AA12716082
Description
研究ノート
筆者らは2015 年4 月より関西圏のB 小学校において、「書く力」を子どもたちに養い、ひいては学力格差の是正を目的とするアクションリサーチに取り組んでいる。本研究は、その取り組みから得られた知見を教育社会学的視点から分析したものである。本稿はリサーチの途中経過であり、得られた知見の速報としての側面を持つ。子どもたちが書いた作文を中心に量的研究、質的研究の両面から現状、課題の把握を行った。その結果、かつてBernstein が指摘した階層による言語格差がB 小学校においても見られるとともに、既習漢字の使用が学力と有意な関連として見られた。また、教師たちは、語彙数や文量を重視せず、子どもたちの学校生活の様子と乖離した作文を肯定的に評価するという傾向が見られた。今後は量的研究としての妥当性を高めるためにより多くのサンプルを収集するとともに、子どもたちの作文を継続的に分析していく。また、質的研究としては参与観察を続け、子どもたちの「書く」ことへの姿勢や教師たちがどのような指導をしていくのか、ということの変化を捉えていく予定である。
In this research note, we report on the progress and results of our research, which aims to narrow the gap of academic achievement in elementary schools. We obtained our data from elementary school surveys and analyzed it from an educational, sociological perspective. We have been conducting action research to improve children’s writing skills as a possible way of closing the gap in academic achievement in Elementary School “B” located in western Japan. This research note is an interim progress report of our findings. We analyzed students’ essays using both quantitative and qualitative methods such as KH coder, regression analysis and participant observation. As a result, we uncovered a language gap between different social classes, similar to that described by Basil Bernstein in his English case studies There is a significant difference between students’ academic achievement and their use of Chinese characters acquired in or out of school. Another finding was that teachers did not put much emphasis on the quantitative aspects of writing such as the number of words and sentences. In addition, we observed a tendency on the part of teachers to over evaluate essays, which diverts from their general impression of the author’s behavior in the classroom and school. We are going to continue to collect data to improve the appropriateness and credibility of our quantitative research and analysis of children’s essays. We also plan to continue our participant observation to evaluate the change in children’s attitude towards writing, as well as teachers’ methods of teaching essay writing.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60718/MKG_04_225.pdf

Number of accesses :  

Other information