Departmental Bulletin Paper イノベーションにおける「文系」の有用性に関する基礎的検討

渡辺, 健太郎  ,  ワタナベ, ケンタロウ  ,  Watanabe, Kentaro

1pp.103 - 117 , 2017-03-31 , 大阪大学COデザインセンター
ISSN:18818234
Description
本稿では、イノベーション論における「文系」の有用性について検討した。分析では、SSM2005データを用いて「文系」と寛容性の指標としての性別役割分業意識と非通念性の関連について検討した。分析の結果、「文系」とそれらの価値意識の間に正の関連は見られなかった。以上から、イノベーションとって重要とされる寛容性と非通念性においては、「文系」の有用性を主張することはできないと考えられる。
In this study, we examined the advantage of Social Sciences and Humanities (SSH) in Innovation. In analysis, we used the Social Stratification and Mobility (SSM) 2005 data and tested the relationships between SSH, the gender-role attitude and unconventionality. However, the result shows no positive relationships. From the above, it seems that we can’t claim the advantage of SSH in extent of tolerance and unconventionality which are significant for innovation.
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/60563/1/cod_01_103.pdf

Number of accesses :  

Other information