Departmental Bulletin Paper How research and innovation policy withstand disruptions : Japan after Fukushima

Rieu, Alain-Marc  ,  リュウ, アラン-マルク

1pp.1 - 23 , 2017-03-31 , 大阪大学COデザインセンター
ISSN:18818234
Description
Japan was the first nation in the mid-1990s to respond to a systemic crisis by the design and implementation of a long-term and large-scale science and technology policy. The goal was to generate innovation in order to create new epistemic conditions of economic growth and social progress. Most industrial nations have since then developed similar policies with the goal to overcome a “long-term recession”. In Japan, this policy led to successive Basic plans for science and technology policy; the last one, the 5th, was launched on January 2016. In March 11, 2011, Japan was confronted with another massive disruptive event, the Fukushima catastrophe. The source of the catastrophe was a giant earthquake and tsunami. The problem is to analyze how a large-scale research and innovation policy responds to a disruption, which has for origin the networks of political and economic power, which brought together the conditions of the catastrophe. Because the population has lost trust in government and the state apparatus, economic policies to overcome stagnation remain inefficient. The problem is to examine how a large-scale research and innovation policy can internalize such context and build the conditions of its performance. Comparing the successive plans and their different objectives shows how this problem was addressed but also denied. The goal is to open research on a different type of research and innovation policy.
日本は、1990年代半ば、長期的で広域に及ぶ科学技術政策を設計し、それを実行(実装)することで全体的な危機に対処してきた最初の国家である。経済成長と社会の進歩の新たな知の諸条件を創造するためにイノベーション(刷新)を生み出すことがその目的であった。当時から、多くの工業国は「長期にわたる不況」を克服するために、類似の政策を展開している。日本の場合、その政策は、科学技術に関する一連の基本政策を通じて行なわれ、最新の政策は2016年1月に始まった第五次のそれである。2011年3月11日、日本は、もう一つの大規模災害、福島[原発]大災害に直面した。大災害の原因は巨大地震と津波によるものであった。問題は、同時に大災害の諸条件をもたらした政治・経済的権力のネットワークをその発生原因とする混乱に対して、広域に及ぶ大規模の研究とイノベーション政策がどのように災害を分析するのか、ということである。国民が政府と国家機構に対する信頼感を失っているところを見ると、経済の停滞を克服するための経済政策は非効率的であると言える。問題は、あるスケールの大きい研究と刷新的政策がそのような状況をどのように内在化し、その成果の諸条件を構築することができるかを検証することである。継続して実施される計画とその異なる目的を比較すると、この問題がどのように対処されたかが示され、同時に、否定されているかが分かる。目標は、異なる種類の研究とイノベーション政策に関する調査研究を切り開くことである。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/60561/1/cod_01_001.pdf

Number of accesses :  

Other information