紀要論文 哲学対話とスピリチュアルケア

高橋, 綾  ,  Takahashi, Aya  ,  タカハシ, アヤ

1pp.25 - 44 , 2017-03-31 , 大阪大学COデザインセンター
ISSN:18818234
内容記述
本稿では、緩和ケア専門看護師やがん患者およびその家族との哲学対話の実践を踏まえ、哲学対話のケア的側面について考察を行った。筆者の取り組むSafe Community of Inquiryという理念に基づく哲学対話では、身体、感情、知的なセーフティに配慮がなされ、対話者が率直に、自己一致して話し、肯定的に聞かれること、自分や場に対する気づきを持ち、他者との共同的な関係を築くことができることが目指されている。哲学対話とはこうした共同的関係をベースにして、「問答」を通じ、普遍的〈問い〉のもと、間主観的意味の世界を知的に探求していくことでもある。この意味での哲学対話とは、共同的な関わりのもとでの自己知や成長を目指す、知的-ケア的コミュニケーションである。さらに、人々が生きることの苦しみについて対話する際には、「この苦しみ/人生にどんな意味があるのか」という苦悩=〈問い〉について探求することになる。相互理解による共同的関係という水平的次元の関係に、このような実存的問いに主体的に答えて生きる、という垂直次元の関係や変容が加わることにおいて、哲学対話はスピリチュアルケアに近接するのである。
The purpose of this article is to examine the significance of caring in philosophical dialogue based on the practice of philosophical dialogue with nurses specializing in palliative care, cancer patients and their families. It is important for philosophical dialogue guided by the “Safe Community of Inquiry” to give paticular consideration to the physical, emotional and ntellectual safety, allow participants to speak frankly, be in a state of congruence and listen to each other with positive regard. Philosophical dialogue based on collaborative relationships intellectually explores the world of intersubjective meaning led by general questioning It is an intellectual-caring communication aiming at self-awareness and growth. Furthermore, within the grounds of the safe community of inquiry, people can talk about the suffering of living and confront the question “what is meaning of this suffering or life” Philosophical dialogue leads to the practice of spiritual care by combining the horizontal dimension of a collaborative relationship with the vertical one that is the transformation of the subject through answering this question.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60558/cod_01_025.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報