Departmental Bulletin Paper 薬物問題についての最近の動向と大学生を対象とした薬物乱用防止教育

徐, 淑子  ,  池田, 光穂  ,  Suh, Sookja  ,  Ikeda, Mitsuho

1pp.67 - 84 , 2017-03-31 , 大阪大学COデザインセンター
ISSN:18818234
Description
The authors discuss the basic ideas needed to plan a drug abuse prevention program targeted university students in Japan. The followings are briefly reviewed; (1) The global discussion about decriminalization of drug use, (2) Drug harms identified by scientific studies, and (3) The stages of drug use and the three tired prevention model. Then, the authors make a suggestion for an education program applying peer education method.
本稿は、大学生を対象にした薬物乱用の問題と乱用防止教育について論ずる。薬物政策をめぐる現在の世界動向、ことに薬物の少量使用や単純使用の非処罰化を概観したのち、各国で取られている施策の方向性に影響を及ぼした重要な研究を紹介しながら、薬物乱用防止教育の実施者に有用な知識を整理する。そして、最後に、日本の大学生を対象とした薬物乱用防止教育への提言のヒントを提示する。
Full-Text

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60553/cod_01_067.pdf

Number of accesses :  

Other information