紀要論文 環境的公正からみる環境問題 : 現代における環境問題の研究枠組みの検討
Environmental Issues from the Perspective of Environmental Justice : A Suggested Research Framework to Study Today’s Environmental Issues
カンキョウテキ コウセイ カラ ミル カンキョウ モンダイ ゲンダイ ニ オケル カンキョウ モンダイ ノ ケンキュウ ワクグミ ノ ケントウ

坂口, 恵莉  ,  サカグチ, エリ  ,  Sakaguchi, Eri

38pp.177 - 191 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY
ISSN:02865149
NII書誌ID(NCID):AN0020011X
内容記述
社会学 : 研究ノート
本稿の目的は、現代における環境問題の研究枠組みを検討することである。第1節にて、日本を例に1960年代から今日に至る環境問題の変遷を、実態と政策の観点から整理し、公害期、環境保護期、地球環境問題期、これら3つの時期における環境問題の特性を明らかにする。続く第2節では、現代における環境問題研究の有力な研究アプローチの1つである、環境意識研究の知見を整理し、そこで用いられている研究枠組みを明らかにする。そして、最後第3節では、現代における環境問題の研究枠組みに、今後いかなる視点が必要とされているのか、検討を加える。  本稿は、現代における環境問題の研究枠組みとして、近年強調される、「人類」と「自然」という巨大な主体を対峙させる枠組みのみならず、「人類」と「人類」を対峙させる、人間社会における社会的公正の観点からの取り組むも重要であることを指摘した。その上で、両者を統合する「環境的公正」、という枠組みに基づいて、今後、環境問題の研究が行われる必要があると主張する。
This paper reviews some prominent literature to discuss effective sociological research frameworks to study the environmental issues argued globally today. Since the late 1980s, the global community has prioritized environmental issues such as global warming and CO2 emissions on its political agenda, and these issues have been identified as what humanity ought to prevent from any further escalation. However, environmental issues are fundamentally closely related to social class and inequality, therefore, they are also the issues among all human beings. In summary, the paper asserts that the significance of the sociological research frameworks that focus on the environmental issues from the perspective of both environmental protection and social justice, namely “environmental justice.”
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/60472/1/ahs38_177.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報