紀要論文 九鬼周造の『偶然性の問題』における「現実」
Genjitsu in The Problem of Contingency
クキ シュウゾウ ノ グウセンセイ ノ モンダイ ニ オケル ゲンジツ

織田, 和明  ,  Oda, Kazuaki  ,  オダ, カズアキ

38pp.35 - 49 , 2017-03-31 , 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 , SOCIOLOGY, ANTHROPOLOGY, AND PHILOSOPHY Graduate School of Human Sciences OSAKA UNIVERSITY , オオサカ ダイガク ダイガクイン ニンゲン カガク ケンキュウカ シャカイガク ニンゲンガク ジンルイガク ケンキュウシツ
ISSN:02865149
NII書誌ID(NCID):AN0020011X
内容記述
人間学・人類学 : 論文
九鬼周造(1888-1941)は、哲学は「現実」を把握するものでなければならないと考えていた。『偶然性の問題』では『「いき」の構造』のように「我々」の共同体と時間の連続性を自明とするのではなく、「我」が直面する「現在」だけを確実な基底とする。この「我」が目下直面する現在という起点から共同体と時間の連続性を哲学的に構築し、行為する主体を形成していくことが『偶然性の問題』の課題である。本論文は『偶然性の問題』における「現実」の位置づけを解明することを通じて、この九鬼哲学の根本にある課題へとアプローチする。『偶然性の問題』の第三章「離接的偶然」の前半で論じられる様相論の分析を通じて「現実」の位置づけを明らかにする。九鬼の様相論は離接性モデルに基づいた存在を分析する軸と、「実在性」と「虚無性」からなる「質」の軸によって構成される。離接性モデルは現在直面する事実を分類し、「質」の軸は事実を受け止めて人間の思考を展開する。様相の第一体系は狭義の「現実」である事実の把握、第二体系は事実と、それを受けての人間の思考からなる広義の「現実」、そして第三体系とその図解として九鬼が提示した「生産原理」は「現実」を受け止めた上で展開される主体による行為を、論じていると解釈することができる。九鬼の主体は偶然性に根差すが故の脆さを抱えている。しかしその脆さにこそ、生きている人間の「現実」があるといえる。
We can fi nd a consistent object of study in the philosophy of Kuki Shūzō (1888-1941). Specifi cally, it is the idea of “vivid philosophy”, in other words, philosophy that pursues Genjitsu (actuality/reality). Kuki thinks that the basis is “our people” that supported by the community and history in The Structure of “Iki”. However, in The Problem of Contingency, he thinks that this basis is the presence that “I” face now. In The Problem of Contingency, Kuki seeks the way of composing a community and history on the basis of the presence that “I” face now. “I” analyses the meanings of Genjitsu in The Problem of Contingency and approach to this fundamental topic of Kuki philosophy. I study Kuki’s modal logic treated in “Disjunctive Contingency,” the third chapter of The Problem of Contingency. His modal logic is composed by two axes: the disjunctive model and the quality axis. The disjunctive model analyses being. The quality axis is composed by reality and nihility introduces the thought which based on the facts. The fi rst system of Kuki’s modal logic is based on the disjunctive model. It shows the way of comprehending the fact as the actuality. The second model is based on both the disjunctive model and the quality axis. It shows the way of developing our thought on the fact. The second system describes our Genjitsu composed by both actuality and reality. The third system and the Principle of Production show the way of the formation of the action. Throughout these three systems, Kuki describes how human beings comprehend the actuality, develop the thought and form the action. In other words, he describes the formation of the subject throughout these three systems. The subject that Kuki describes is too fragile since it is based on the contingency, but his theory of the subject captures a partial truth of us.
本文を読む

http://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/60470/ahs38_035.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報